1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. よくあるご質問
  4. Q3 冷凍式ドライヤで分離する水分量は?

コンプレッサ よくあるご質問

Q3 冷凍式ドライヤで分離する水分量は?

Q 「冷凍式ドライヤで分離する水分量」はどれくらいですか。

【条件】 吸込空気 温度: 25℃
湿度: 60%
使用コンプレッサ形式 CLP110E-8.5D
稼働率 70%

A
 0.63 L/hです……1時間あたり
8時間/日で20日間使用すると約100L排出されます

■圧縮空気の水分量の計算方法
(1) 大気の水蒸気量 大気に含まれる水分量は温度により決まります。
(2) 圧縮空気に含まれる水蒸気量(相対湿度100%の飽和水蒸気量※)大気圧換算値 気体温度の飽和水蒸気量 ÷ {(ゲージ圧力+0.1013)/0.1013} ※アネスト岩田「クリーンエアシステム」のカタログP15を参照ください。
(3) ドレン発生量計算

ドレン発生量(L/h)
 = コンプレッサ吐出し空気量 × 60 × 【(吸込空気の水分量) - (除湿空気の水分量)】 /1000
  (㎥/min)       (g/㎥)    (g/㎥)  


【条件】
吸込空気 温度:25℃ 飽和水蒸気量 = 23.0g/m3
湿度:60% 23.0×0.6 = 13.8g/m3
コンプレッサ 吐出空気量 1.215m3/min
吐出圧力 0.85MPa
台数 1台
稼働率 70%
冷凍式ドライヤ 加圧露点 +15℃ 飽和水蒸気量 = 12.8g/m3
大気圧換算 12.8/{(0.85+0.1013)/0.1013} = 1.36g/m3
飽和水蒸気量

ドレン発生量(L/h)
=1.215×0.7×60×〔13.8-1.36〕/1000=0.63L/h・・・1時間あたり


■ 参考資料
  1. ドレン処理の必要性 給油式コンプレッサによって生み出された圧縮空気から出る水分(ドレン)にはオイルが含まれているため、そのまま排出できません。
  2. オイル・ドレンの排出基準は「排出基準を定める総理府令」で5ppm以下(5mg/L)と定められていますので、オイルを含んだドレンは産業廃棄物業者に委託したり、ドレン処理装置が必要です。
    排出基準値は各都道府県により基準が異なりますので工場、事業所の所在地の区、市役所および町村役場の公害担当窓口で確認してください。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ