1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. よくあるご質問
  4. Q5 設定圧力を低くしたい

コンプレッサ よくあるご質問

Q5 設定圧力を低くしたい

Q マイコン制御しているコンプレッサで制御圧力を変更したいのですが。

A 設定圧力を高くすることは、電流オーバーや温度上昇の影響でできません。設定圧力を低くすることはできます。

■設定圧力の変更方法


 
モニタ部のOFFスイッチを押してコンプレッサの運転を停止させます。
 
モードスイッチで設定モードに変更します。

【設定モード詳細】
上限圧:
コンプレッサの運転制御下限圧をMPaで表示します。
この場合圧力は0.80MPaです。
下限圧:
コンプレッサの運転制御下限圧をMPaで表示します。
この場合圧力は0.65MPaです。
時間管理:
次の整備までの残時間を×100h(×10)として表示します。(機種により異なります。)
この場合は9800(980)時間です。(給油式はこの表示はありません)
台数制御:
コンプレッサを台数制御に接続設定しているか否かを表示します。
この場合は台数制御接続設定していないことを示します。
アイテムスイッチを押すことでA→B→C→D→A→…の順番で変わっていきます。

アイテムスイッチで下限圧力を表示させてください。

OFFを押しながらアイテムを押すことで0.01MPaずつ低下させることができます。
変更する値にしてください。
アイテムスイッチで上限圧力を表示させてください。

OFFを押しながらアイテムを押すことで0.01MPaずつ低下させることができます。
変更する値にしてください。

設定変更が終了したら元電源をOFF/ONしてください。
これで制御圧力変更が完了です。


■ 注 意
◎ マイコン制御しているコンプレッサでこの操作ができるのは、COMGPAC Bタイプ以後とSLP Cタイプ以後です。
◎ 設定圧力を低くしすぎた時は、OFFを押しながらモードを押すことで0.01MPaずつ上昇します。
◎ 上限圧と下限圧の差圧は0.1MPa以下にすることはできません。
◎ COMGPACは、下限圧を0.5MPa以上としてください。
(0.5MPa以下では無負荷運転を正常に行うことができないため。)

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ