1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. 圧縮空気の基礎知識

コンプレッサ 技術講座

圧縮空気の基礎知識

地表を覆う空気は大気圏まで存在しており、その荷重は1cm2当たり約9.807N{1kgf}です。言い換えると、地表1cm2の上に大気圏まで存在する断面積1cm2の細長い柱を考えると、その質量が約1kgになるということです。このことは又、地表の空気は0.1013MPa{1kgf/cm2}の圧力をもっていることになります。
気体は、その体積を収縮させることができ、収縮した気体は元に戻ろうとする力を蓄えています。
これが右図に示すように、単位面積当たりの圧力として「MPa:メガパスカル、旧単位ではkgf/cm2」で表されます。

ゲージ圧力と絶対圧力

日常、私たちが使用する圧力は、大気圧を零基準としたゲ-ジの目盛を読み、これをゲ-ジ圧といいます。このゲ-ジ圧に大気圧約0.1MPaをプラスしたものを絶対圧力といい、空気量の計算などに使います。

基本的な法則

圧力には基本的な法則がいくつかありますが、その中のボイルの法則を次に示します。

圧縮空気の用途

圧縮空気は、駆動エネルギ-源の他、弾性体、遮蔽体や空気の保存・補給の一手段としていろいろな用途に利用されています。
大気中に存在する空気は、身近に利用出来る為、その利用範囲も広く、各種空気工具・削岩機・空気ハンマ・空気プレス・空気ブレ-キ・空気コンベア類、そしてスプレ-ガン等の空気圧利用機器に使われています。
これらを作動させたり、働きを良くしたりする為に、エアモ-タやエアシリンダ、各種制御弁、清浄機、減圧弁等いわゆる空気圧機器があります。近年は、ますます空気圧利用による自動化、省力化が強く要求されており、手軽に利用出来る圧縮空気は、その普及も著しく、かつ多様化の傾向にあります。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ