1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. コンプレッサ本体の構造(オイルフリータイプ)

コンプレッサ 技術講座

コンプレッサ本体の構造(オイルフリータイプ)

コンプレッサ本体の構造(オイルフリータイプ)

 

部品説明

部品名 説 明
(1) 吸込口セット 空気中のゴミ等を除去し、清浄な空気としてシリンダー内へ送り込みます。
消音器の役目もしています。
(2) 弁セット 吸込弁・吐出弁を設けています。
シリンダー内のピストンの移動によって開閉し圧縮空気を送り出します。
(3) ピストン シリンダー内を往復動し、空気を圧縮します。
シール等のため数本のピストンリングがはめてあります。
(4) シリンダー 圧縮室を形成します。
(5) 連接棒 クランク軸の回転運動をピストンの往復運動として伝えます。
(6) クランク軸 回転運動を往復運動に変えるためのものです。
(7) フライホイールプーリ 慣性力によって回転を滑らかにします。
モータからの回転をVベルトによって受けます。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ