1. HOME
  2. 環境への取り組み
  3. 地球環境への配慮

環境への取り組み

地球環境への配慮

温室効果ガスの削減/ 省エネルギー

CO2削減と省エネルギー

当社では「エネルギー管理規程」を定め、電力削減を中心とした省エネルギー活動を推進しています。具体的には作業場のレイアウト変更と集約化による効率化・ヒューマンエラーの削減・エア洩れの削減などの施策を継続実施し、使用電力量等のエネルギー削減に努めました。また、前年度よりも生産量が増加している状況の中、購入電力は6.5%減、CO₂排出量も3.6%減となり、共に目標の前年比1%減を大幅に達成することができました。
 2014年度についても、「CO₂排出量を2020年度までに2005年度の15%削減する」という長期の目標達成に向けて、省エネルギー活動を推進します。

CO2排出量推移

使用電力量推移(kWh)

循環型社会の形成

ゼロ・エミッションの維持向上

 当社グループでは、国内主要拠点全ての資源化率を95%以上とすることを、ゼロ・エミッションと定義づけています。このゼロ・エミッションは、2010年度から達成しておりますが、2013年度も、この維持向上に努め、国内全体としては、資源化率を99.5%(前年度99.5%)に維持することができました。
 なお、2013年度の主要拠点別の資源化率は、本社:100.0%(前年度:100.0%)、秋田工場:100.0%(前年度:100.0%)、福島工場:99.3%(前年度:99.3%)であり、前年度のレベルを維持することができました。

廃棄物の減量化推進

 2013年度の廃棄物排出量は、1042tとなり、前年度と比較して約10%増加させてしまいました。これは、生産量の増加や輸入品の増加により梱包用資材が増加したことが主な原因です。
 2014年度は、廃棄物の減少のため、梱包用資材を見直す等の継続的改善を推進します。

ページの先頭へ