1. HOME
  2. IR情報
  3. IRポリシー

IR情報

IRポリシー

1.基本方針
当社は株主や投資家の皆様に対し、財務/非財務に関する情報、ならびに経営戦略等を適時・適切に開示し、持続的な成長と企業価値向上を求めて、建設的な対話を行います。また諸法令や適時開示規則に従った適切な情報開示を行い、そのために社内体制の整備・充実に努めます。

2.情報開示体制と担当者
当社は、株主や投資家の皆様からのお問合せにつきましては、経営企画部 IR広報室が対応いたします。情報開示に当たっては経営企画部長が開示責任者となり開示に努めます。

3.経営陣の関与
当社は、機関投資家/個人投資家向け説明会を定期的に開催しており、その中で代表取締役、開示責任者である経営企画部長が株主との建設的な対話を行います。また、経営陣との直接対話につきましては、事業経営を優先することから、全てのご要望にお応えするものではありません。IR広報室にて適宜、面談の選択・決定をさせていただきます。

4.コミュニケーションの充実・フィードバック
当社は、各種説明会や個別面談を通じて株主・投資家の皆様からいただいたご意見、ご要望につきましては定期的に取り纏め、取締役会等へフィードバックいたします。

5.重要情報の管理
当社は、重要情報を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図るための情報セキュリティ規程ならびにインサイダー取引防止規程を制定し、グループ社員全体への周知徹底と理解啓蒙を促進します。

6.沈黙期間
当社は、公平性の確保と決算情報の漏洩を防ぐために、各決算期日から当該決算の発表日時までの期間を沈黙期間とし、業績見通しに関する回答やコメントを控えさせていただきます。ただし、この期間中に重要な情報が発生した場合は、適切に開示いたします。

7.業績予想および将来情報の取り扱い
当社が開示する業績予想、将来の見通し、戦略、目標などに関する記述につきましては、経済情勢等さまざまな不確定要素の変動原因によって、開示した業績予想等と異なる結果になる可能性があります。

ページの先頭へ