1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩社員紹介
  4. 設計~製品化まで…モノづくりを実感

設計~製品化まで…モノづくりを実感

理系向き

設計~製品化まで…モノづくりを実感

入社6年目 熱利用機器開発チーム

圧縮機のコア技術を活用し、共同開発パートナーと共に、バイナリー発電機等の実用化研究を行っています。

入社を決めたきっかけ

開発への思い

私はもともと機械いじりが好きで、大学でも機械工学科に進みました。
そのため、将来を考えたときも機械の設計開発に携われる会社で働きたいと考え、就職活動では、いろいろなメーカーの説明会に参加しました。大学の研究室では圧縮機の研究をしていたので、自分の知識を活かせる圧縮機メーカーに就職したいという思いもあり、アネスト岩田の説明会にも参加しました。
最終的に、入社を決めた理由は大きく2つあります。1つ目は、説明会で一番アットホームで働きやすい会社だと感じたこと、2つ目は、設計~製品化まで、開発を一から十まで携われ、ものづくりを直に実感できる会社であることです。入社6年目の今でもこの2つは間違いなかったと思います。

仕事内容とやりがいについて

新製品の開発は…

私は、「バイナリー発電装置」、「水蒸気発電装置」という発電装置の開発を主に担当しています。
これは、原発やエネルギー事情などの問題のため、現在注目されている再生可能エネルギーを使用した発電装置ですので、とてもやりがいがあります。しかし、これらの装置は新製品なので、社内に設計ノウハウを持っている人がいません。一から自分自身で考えて設計することが多いため、壁にぶつかることもありますが、考えることが好きな私には向いている仕事だなと感じます。
仕事をしていて一番やりがいを感じる場面はお客様に自分の携わった製品を使っていただいているときです。自分が携わった製品が実際に動いていること、お客様の要求に満足いく製品になっているときが一番達成感を得られます。

アネスト岩田の良いところ

若手のうちから経験できる環境

まだ経験の浅い若手にも、重要な設計や開発に携われる機会を与えてくれるところがアネスト岩田の良いところだと思います。もちろんその分大変なこともたくさんありますが、とても充実感や達成感、やりがいを感じることができます。また、アットホームな社風なので若手社員も上司にやりたいことや、思いついたことを進言しやすいところも良いと思います。意見を言いやすい環境のため、仕事もスムーズに進めやすいです。

1日の流れ

  • 8:30

    ◆出社
    TODOリストの確認、メールのチェック

  • 8:45

    ◆朝礼
    週1回、チームのメンバーと業務内容・出張予定、その他連絡事項を共有。

  • 9:30

    ◆新製品の試験
    開発に携わっている新製品の試験。

  • 12:15

    ◆昼食

  • 12:55

    ◆試験結果の考察検討
    午前中に得た試験結果を考察・検討。

  • 14:00

    ◆打合せ
    新たに使用する計測器などを扱っている取引先や、新製品を導入する可能性があるお客様との打合せ。
    ※お客様先で実証試験を行うこともあります。

  • 15:30

    ◆設計開発
    試験結果の考察や、問題点を設計に反映させます。

  • 17:30

    ◆帰宅

和泉

設計計算、CAD業務を行っています。



スタッフ紹介

T.Iさん 設計~製品化まで…モノづくりを実感

熱利用機器開発チーム

入社6年目

T.Iさん

出身大学

東京電機大学

学部学科

工学部 機械工学科

好きだった科目(授業)

力学

関連部署

営業 試作

他のメンバーも見る

ページの先頭へページの先頭へ