1. HOME
  2. 塗装/塗布機器
  3. スプレーガン:自動ガン
  4. マニホールド自動ガン WRA-M200

塗装/塗布機器 スプレーガン:自動ガン

マニホールド自動ガン WRA-M200

WRA-M200

自動ガン

今までよりも使いやすく、塗料を選ばない
"タフ"なマニホールド自動スプレーガンです。

本格的な工業用自動塗装マーケットのニーズにお応えするため、塗料を選ばない""タフ""な自動スプレーガンを開発し、
塗装ロボットの頂点とした自動装置の最強なるパートナーとして、更に多くのニーズにお応えすることが可能となりました。

特長

特長1 作業効率の向上 <インデックス空気キャップ>

WRA-M200は、空気キャップの位置合わせが容易な新機構を搭載。 一方向にしか回転がない為、目視で確認しなくても0度/90度位置に合わせることが可能です。 もちろん、それ以外り角度にすることもできます。

特長2 メンテナンス性の向上 <工具レス機構>

今までの自動ガンは、塗料ノズルの洗浄、交換などを行う際、工具を使って塗料調節装置を 外さなくてはなりませんでしたが、WRA-M200は工具を使うことなく、塗料調節装置を外すことが可能です。
自動ガン本体にて、塗料経路とピストン室が分離した構造になっており、ニードル弁やニードル弁パッキンなど、摺動部の摩耗度合いを検知しやすくなっております。 また、ニードル弁パッキン部のカバーがニードル弁パッキンの増し締め工具となっており、塗料漏れの早期発見と、分解することなく、ニードル弁パッキンの増し締めを行うことができます。

特長3 豊富なバリエーション<さまざまな塗料、ワークに対応可能>

空気キャップバリエーションとノズル口径バリエーションを組み合わせることで、幅広い市場/分野において使用することが可能です。 本体とマニホールドの材質は、アルミ+アルマイト仕様とステンレス仕様の2種類があり、水性塗料にも対応しています。

特長4 マニホールド仕様

ホース接続を一括集約したマニホールド仕様を採用し、スマートなガン廻りを実現致しました。
また、ガン本体の脱着を簡単に行う事ができ、脱着してもガン本体の位置は変わりません。
塗料循環ができる構造にしています。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ