1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩社員紹介
  4. 人との距離の近さが魅力

人との距離の近さが魅力

文系向き

人との距離の近さが魅力

2016年卒 経営企画部

社長の秘書業務やCSR関連事項の調査、決算業務から展示会出展支援など、企業価値向上に向けた活動をしています。

入社を決めたきっかけ

人との距離の近さ

私は企業選びにおいて、「安定性があるメーカーであること」、「その会社ならではの強みがあること」、「会社の雰囲気が自分に合っていること」、これら3つに重点を置き、就職活動をしていました。
そんな中、インターネットや就活支援ナビで様々な企業を見ていたときに、たまたま見つけたのが「アネスト岩田」のページでした。
ホームページや説明会で、製品のこと、会社のことを知っていくうちに「なんだかスゴいな、この会社」と興味を持ったことが最初のきっかけです。
そして、入社の決め手になったのは「人との距離の近さ」です。
面接は和やかな雰囲気だったので、口下手な私でも緊張し過ぎることなく、話ができたことが強く印象に残っています。
人事担当者の方も背中を押してくれ、その空気感に惹かれ、入社を決意しました。

仕事内容とやりがいについて

新しいことばかりですが、やりがいも…

私が担当する仕事はいくつかありますが、最優先して行うのは社長秘書業務です。
スケジュール確認や、交通機関の手配などを主に担っています。
そのほかには、経営企画部主管のプロジェクトの事務局や、CSR関連事項の調査、決算業務から展示会出展支援など、業務は多岐に渡ります。
今まで携わったことがない新しいことばかりで戸惑うことも多くありますが、同時にやりがいも強く感じます。
しかし新しいことばかりといっても、「準備した資料を誰かと共有・発表する」という点は全て共通しています。
そういった点では学生時代にも行っていた資料を整理し、自分の考えをまとめ、発表するという一連の動作と変わりありません。
求められるクオリティなどは学生時代と一段異なりますが、そういった経験が現在のベースを支えていると感じます。

職場の雰囲気

質問しやすい空気感

年齢が離れている方や上層部の方も、皆さん気軽に声をかけてくださることが多く、良い意味でフランクな雰囲気の職場です。
私は配属された当初、やはり経営の根幹に関わる部署であるので、「年齢的にも立場的にも遠い方が多く、張り詰めた空気が漂っているのではないか」と不安に感じていました。
しかしそのような危惧は全く不要でした。
まだまだ未熟で、周囲に助けてもらうことが多々ありますが、その際にも質問しやすい空気感があります。
今後は助けられるばかりでなく、そういった良い職場環境をつくる一助になれるよう、励んでいきたいと思います。

1日の流れ

  • 8:30

    ◆出社
    今朝の新聞を回収し、職場に向かいます。

  • 8:35

    ◆着席
    仕事の準備、メールチェックをします。

  • 8:50

    ◆スケジュール確認
    自分の1日の業務内容確認と、社長のスケジュールに変更がないかを2か月先までチェックします。

  • 10:00

    ◆社内協議
    プロジェクト事務局としての部内協議や、情報共有を目的とした横断的な会議まで、その日ごとに様々な話し合いをしています。

  • 11:30

    ◆情報整理
    協議内容や今までの調査を整理し、自分の中で考えをまとめ、情報を精査します。

  • 12:15

    ◆昼食

  • 12:55

    ◆資料作成
    まとめた情報に自分の考えを加え、周囲の意見を取り入れつつ、分かりやすさを求めた情報共有用の資料をつくります。

  • 14:30

    ◆郵便物の確認
    経営企画部や社長宛の郵便物を回収し、それぞれの宛先に配布します。

  • 15:00

    ◆外部業者打合せ
    社内だけではなく、必要に応じて外部の業者の方と打ち合わせをすることもあります。

  • 17:30

    ◆業務終了

常に正確に仕事が進められるよう、慎重にチェックをしながら仕事をしています。

スタッフ紹介

M.Oさん 人との距離の近さが魅力

経営企画部

2016年卒

M.Oさん

出身大学

早稲田大学

学部学科

文化構想学部 文化構想学科

好きだった科目(授業)

日本文化、歴史

関連部署

企画 事務

他のメンバーも見る

ページの先頭へページの先頭へ