1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩社員紹介
  4. 省エネで社会貢献

省エネで社会貢献

理系向き

省エネで社会貢献

開発・技術職

アネスト岩田が世界で初めて開発したオイルフリースクロールコンプレッサ。
市場のニーズに合わせて日々開発、設計に取り組んでいます。

入社を決めたきっかけ

環境に配慮したオイルフリータイプの製品が多い

大学時代、研究ではバイオディーゼル燃料、課外活動では風力発電に取り組むなど、エネルギー関連の分野に興味がありました。
そのため、就職活動の際もインフラ等のエネルギー関連を中心に企業を見ていました。
そんな中、アネスト岩田の説明会に参加し、圧縮機は工場の消費電力の2~3割も占めることを知りました。私は、圧縮機の効率を高めることができれば省エネルギーになり、社会貢献できると思いました。
また、機械いじりが好きなでDIY用のアネスト岩田のコンプレッサを使用していたため、アネスト岩田に親しみがあり、選考を受けました。
入社の決め手となったことは、環境に配慮したオイルフリータイプの製品が多いことと、若手のうちから新製品の設計に携われる環境があることです。

仕事内容とやりがいについて

お客様に喜んでもらえる製品を開発

現在は主に「スクロール」という機構のコンプレッサの設計・開発を担当しています。製品の性能を左右する重要部分であるため、設計・開発する上でも様々な課題が発生します。
この課題を解決し、目標の性能を得られるように対策を考え、設計に反映させて製品化をしていきます。
やりがいを感じるのは自分が担当した製品を実際にお客様に使ってもらえたときです。
汎用製品のため、競合他社にも似たような製品がありますが、その中から選んでもらえる製品をつくることができたことは素直に嬉しいです。
なかなか課題をクリアできないこと、思うように進まないことも多々ありますが、これからもお客様に喜んでもらえる製品を開発していきたいと思います。

アネスト岩田の良いところ

若手のうちから自分の考えを盛り込んだ製品の設計

入社の決め手でもありますが、入社1、2年目の早期から設計に携われることです。
いきなり設計に携わるのはハードルが高いのでは、と思われるかもしれませんが、分からないところは先輩に教えてもらいながらやっていきます。
若手のうちから自分の考えを盛り込んだ製品の設計ができるのは、アネスト岩田ならでは、だと感じます。
設計・開発をやりたい方にはやりがいがあり、最適な会社だと思います。

1日の流れ

  • 8:30

    ◆出社
    業務の準備、メールチェックと試験条件の確認や試験順序を決める。

  • 8:45

    ◆グループミーティング(週1回)
    連絡事項の確認と業務の報告や意見交換をする。

  • 9:30

    ◆性能試験と設計検討
    試作品の性能を評価。課題があれば、改善案を検討する。

  • 12:15

    ◆昼食

  • 12:55

    ◆清掃
    試験室の清掃をする。

  • 13:00

    ◆性能試験と設計
    性能測定の合間の時間を使って、設計検討している。
    部品の3Dモデルを作成し、図面化する。

  • 16:00

    ◆現品化(部品作製)
    設計した部品を現品化するため、試作係や工場へ加工・組立を依頼する。
    また、社内で造れないものは購買グループに見積りを依頼する。

  • 17:00

    ◆試験結果報告 測定データをまとめて試験報告書を作成し、上司へ試験結果を報告する。

  • 17:15

    ◆片付け、翌日の準備 測定が終了した試験機を片付ける。 また、翌日の試験準備などをする。

  • 17:30

    ◆業務終了

スタッフ紹介

K.K 省エネで社会貢献

開発・技術職

K.K

出身大学

金沢工業大学大学院

学部学科

工学研究科 機械工学専攻

好きだった科目(授業)

機械加工

関連部署

開発 技術

他のメンバーも見る

ページの先頭へページの先頭へ