1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩社員紹介
  4. 自分の考えや設計が認められる

自分の考えや設計が認められる

理系向き

自分の考えや設計が認められる

2017入社 開発・技術職

新たな技術の開発に携わっています。アネスト岩田から新たな世界初を生み出すことが私の使命です。

入社を決めたきっかけ

ニッチトップの企業

入社の決め手は、高いシェアを誇る製品があるニッチトップの企業だからです。
会社説明会に参加したとき、アネスト岩田はニッチな分野ではあるが、そこでトップの企業だということを知りました。
そしてトップの現状にもおごることなく、液圧機器や熱利用機器など、強みを生かして新しい分野・業界にも挑戦している姿勢にも魅力に感じました。
私は設計・開発した製品を多くの人に使って貰いたいと考えており、アネスト岩田であればそれが実現できると思いました。

また、会社説明会も、他社とは違う雰囲気だったことを覚えています。
いちばん最初に「何が知りたい?」と尋ねられ、ただ一方的な説明でなく学生疑問や不安に答えようとしていると印象を受けました。
他にも財務状況が良いことや、説明会や面接の雰囲気が自分に合っていると感じたことも入社を決めた理由の1つです。

仕事内容とやりがいについて

できることが増えていく

私の所属部署では、日々「新しい塗装」における技術開発、そのための設計・開発・実験を行っています。
特に圧縮空気を利用せず静電気のみで液体を霧化し、塗布するEAC技術というものに注力しています。
まだ分からないことも多いですが自分の考えや設計が認められ、実際に設計や手配・組立など、仕事が進んでいくとやっていて良かったと思います。

また、仕事で意識していることはその都度、反省点を振り返ることです。
場数を踏むごとに「こういった視点もある」と視野が広がり、できることが増えていくと自身の成長を感じ、楽しくなります。

アネスト岩田の良いところ

すぐに相談できる雰囲気があります

会社は人の集まりなので、それぞれの会社に違った社風があると思います。
アネスト岩田は優しい人が多いため、雰囲気が良いと感じます。
例えば、仕事において分からないときは先輩方に聞けばしっかり教えてくれます。
もちろん、最初は自分で考えますが、解決しないようであればすぐに相談できる雰囲気があります。
一緒になって考えてくれたり、より詳しい人を教えてくれるので、こういった情報共有が円滑な点は会社の良いところだと感じています。
また、年に数回、労働組合主催のイベントがあり、そこでは多くの社員と顔を合わせます。
普段の業務では直接関わることが少ない人とも話すことができるので、交友関係が広がるとともに、新たなサポーターを得ることができています。
先輩方に声をかけるときも役職で呼ぶのではなく、「〇〇さん」と名前で呼ぶので、社員一人一人の顔や名前を知ることができるのも良いところだと思います。

1日の流れ

  • 8:30

    ◆出社
    TODOリストの確認、メールのチェック

  • 8:45

    ◆朝礼
    週1回、チームのメンバーと業務内容・出張予定、その他連絡事項を共有

  • 9:30

    ◆新製品の試験
    開発に携わっている新製品の試験

  • 12:15

    ◆昼食

  • 12:55

    ◆試験結果の考察検討
    午前中に得た試験結果を考察・検討

  • 14:00

    ◆打合せ
    新たに使用する計測器などを扱っている取引先や、新製品を導入する可能性があるお客様との打合せ。
    ※お客様先で実証試験を行うこともあります。

  • 15:30

    ◆設計開発
    試験結果の考察や、問題点を設計に反映

  • 17:30

    ◆業務終了

ヒストリーラウンジにて



スタッフ紹介

D.K 自分の考えや設計が認められる

開発・技術職

2017入社

D.K

出身大学

東京電機大学

学部学科

工学部 機械工学科(二部)

好きだった科目(授業)

二回転軸を用いたポリゴン加工(研究テーマ)

関連部署

試作 開発

他のメンバーも見る

ページの先頭へページの先頭へ