1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩社員紹介
  4. 海外に誇れるものづくり

海外に誇れるものづくり

理系向き文系向き

海外に誇れるものづくり

2016入社 購買

製造に必要な材料や部品を適正な価格・品質でサプライヤーから買いつけます。

入社を決めたきっかけ

真摯に対応してくれる

私は大学在学中、カナダに1年間留学をしました。
そこで、日本は「優秀なものづくりメーカー」として海外から高く評価されていることを知り、海外に誇れるものづくり分野で活躍できる人材になりたいと考えるようになりました。

そのような考えから、就職活動でも「グローバル」という点を重視し、企業を探していました。
弊社は一部の地域に集中して展開しているという訳でなく、南アフリカからヨーロッパ、アジアまで関連会社を持っており、全世界にその名を広めています。
アネスト岩田であれば、グローバルに活躍できると思い、志望しました。

また面接では、「私が入社してどのような部署で働きたいか」について面接官や人事の方が一緒になって考えてくれました。
他社の面接とは違い、個人を大切にしている会社だと思ったため、入社を決めました。
実際働き始めてからも、困ったときや悩んだときは面談をしてくれるなど、真摯に対応してくれるので、間違っていなかったと感じます。

仕事内容とやりがいについて

海外の取引先を担当

購買の役割は、スプレーガンやコンプレッサを製作・製造するために必要な資材の調達をすることです。
私は主にネジ関係・塗料関係・海外購入品を担当しています。

具体的な仕事内容としては、それらの納期管理や品質管理、価格交渉です。
サプライヤーとのコミュニケーションを密に取り、結果が伴うとき、例えば価格を抑えられたり、納期調整がうまくいったりしたときはやりがいを感じ、頑張ろうと思います。

現在は海外留学していた経験を活かし、海外の取引先を担当しています。
グローバルに活躍したいという夢が叶い、中国からヨーロッパまで幅広く担当を持たせてもらっているので、精力的に業務にも打ち込んでいます。

職場の雰囲気

笑いの絶えない毎日

大学では観光学科で学んでおり、製造や機械のことは何もわからない、ゼロからのスタートだったので最初は不安でした。
しかし新入社員研修は約3か月間あり、製品についての講義を受けたり、工場で実際に組立作業に携わったりしたことで製品理解を深めることができました。

配属後もゆっくり丁寧に教えてもらったので、問題無く業務に取り組むことができています。
ときには失敗して落ち込むこともありますが、毎回先輩方がフォローしてくれます。

仕事のやりがいもあり、職場の方々と笑いの絶えない毎日のおかげで、購買グループに配属されて良かったと日々思っています。

1日の流れ

  • 8:10

    ◆出社
    メールチェック、1日の業務確認

  • 8:45

    ◆チームミーティング
    チームメンバーのスケジュール把握

  • 9:00

    ◆試験材料 手配
    試験材料・消耗品の手配、納期・在庫確認

  • 10:30

    ◆海外製品 在庫確認
    手配品納期及び社内在庫データを確認し、不足しそうなものは取引先に連携し出荷確認

  • 12:00

    ◆昼食

  • 13:00

    ◆海外購入品 輸入確認
    海外取引先からの貨物の到着確認(フライト等)・通関業者・社内に連携を行う。

  • 15:00

    ◆取引先 来社
    新規製品の試作部品打ち合わせ

  • 16:00

    ◆社内打ち合わせ
    新製品の立ち上げに伴う、納期・品質確認

  • 17:30

    ◆業務終了

納品された部品に問題ないかチェックします。



スタッフ紹介

F.M 海外に誇れるものづくり

購買

2016入社

F.M

出身大学

東洋大学

学部学科

国際地域学部 国際観光学科

好きだった科目(授業)

日本文化

関連部署

購買 管理

他のメンバーも見る

ページの先頭へページの先頭へ