1. HOME
  2. 液圧機器
  3. 食液用スプレーガン機器導入のご案内
  4. 異物混入②

液圧機器 食品市場:食液用スプレーガン機器導入のご案内

食液用スプレーガン機器導入のご提案

スプレーガンによる作業の簡易化と非接触塗布で異物混入を低減できます。

食品製造過程でこんなお悩みありませんか?

●生地の付着防止用としてドゥボックスへの離形油塗布はモップなどが使用されるケースがあります。
作業者はかなりの重労働のほか、異物混入の恐れがあります。





スプレーガンでの吹き付けは製造品に直接触れることなく非接触で塗布できます。
 
スプレーガンはトリガー操作のため、どなたでも簡単に出来、広範囲を吹き付けできる為、作業者の負担低減と作業効率を向上できます。
霧にならないような粘度のある材料の吹付けも可能です。

使用用途~離形油の塗布のご提案~


粘度のあるボックスオイルやデバイダーオイルに対応します。
生地のくっつき防止の為の離形油塗布に最適です。
スプレーガンを使用することにより、非接触で塗布できます。また、作業が簡易化し作業者に負担が軽減します。



粘度のある食液に対応できます。

食液用供給ポンプや加圧タンクを使用することで30,000mPs・s以下まで対応できます。
粘度のあるボックスオイルにも対応可能です。
 




液剤粘度の目安

※食液の材料特性の関係で30,000mPa・s以下の粘度範囲デモ使用不可能な食液もあります。


ご提案製品のラインナップ

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ