1. HOME
  2. 窒素ガス発生装置
  3. 課題解決:課題解決
  4. 窒素ガス発生装置ソリューションサイトマップ
  5. 試したい

窒素ガス発生装置 課題解決:課題解決

窒素ガス発生装置ソリューションサイトマップ

製薬工場C社様事例


コツコツと形にしました

 一般的には
窒素ガス発生装置(窒素発生装置)は、装置の大きさや窒素ガス純度によって発生量が一定となります。 設置後に、生産場での必要量増減に対して柔軟な対応が難しいケースが多いことが現状です。 特に増設の場合は、設備追加となると設置スペースの確保が課題となります。

お客様が困っていたこと
生産負荷のばらつきが多く、将来の需要の変化がつかみにくい状況でした。窒素ガスの必要量増減に対して、供給量の確保に困っておりました。

アネスト岩田がご提案した窒素ガス発生装置(窒素発生装置)
需要増に対して、増設可能なタイプの窒素ガス発生装置(窒素発生装置)をご提案致しました。まずは親機だけを購入し供給を開始しました。増設時には、親機の半分のコストで子機を追加できました。需要減に対しても親機が子機を総合制御するため、窒素ガスの使用量に応じて子機の運転をとめることができ、電力費を削減することができました。

研究室D社様事例


準備が楽になりました

一般的には 
窒素ガス発生装置(窒素発生装置)は、静かな環境に設置する場合騒音などの制約があるケースがみられます。研究室などは、スペースの制約や静かな環境にも向かない場合もあります。また研究室には窒素ガスの集中供給が行き届かず、窒素ガスボンベを買って対応するケースが多くみられます。

B社様が困っていたこと
生産現場から離れているため、窒素ガス含めインフラ系の供給に困っておりました。  使用変動があるため、定期配達も難しく、ボンベの補充が面倒でした。  使いたいときに、ボンベが空というトラブルも経験しました。

アネスト岩田がご提案した窒素ガス発生装置(窒素発生装置)
オイルフリー圧縮機内蔵、超小型窒素ガス発生装置(窒素発生装置)を提案致しました。   研究内容によっては、窒素ガスの必要使用量が不明のため、 レンタルも有効活用致しました。研究が中断されることなく、業務効率がアップしました。ボンベ購入コストも抑えられ、喜んでいただきました。

ページトップ

ページの先頭へ