1. HOME
  2. 窒素ガス発生装置
  3. 課題解決:課題解決
  4. 窒素ガス発生装置ソリューションサイトマップ
  5. 納入事例

窒素ガス発生装置 課題解決:課題解決

窒素ガス発生装置ソリューションサイトマップ

菓子製造工場K社様事例


運用の70%はコンプレッサでした

 一般的には
窒素ガス発生装置(窒素発生装置)一式の中でメンテナンスの運用は、約70~80%が原料空気用のコンプレッサに関する事項と言われております。原料空気の品質と運用が良いと、活性炭の寿命が長くなる傾向が伺えます。

お客様が困っていたこと
窒素ガス発生装置の原料用コンプレッサを給油式のコンプレッサで運用していました。窒素ガス発生装置手前のフィルター類と定期的な活性炭のメンテナンスがコストアップとなっておりました。

アネスト岩田がご提案した窒素ガス発生装置(窒素発生装置)
省エネタイプのオイルフリーコンプレッサをご提案致しました。オイルフリーのご採用により、フィルタエレメント、活性炭ともメンテナンスが延長されました。豊富なラインナップから最適の一台をご選定致します。

金属加工工場L社様事例

窓口が一本となり運用が楽になりました

 一般的には
窒素ガス発生装置(窒素発生装置)一式の中で、メンテナンスは、発生装置本体とコンプレッサを別々に運用されるケースが多くみられます。そのためトラブルにつながる話もよくお聞きします。

お客様が困っていたこと
レーザー加工用に窒素ガス発生装置を使用していました。 しかし、メンテナンスは窒素ガス発生装置と原料空気用のコンプレッサを別々の会社に委託。そのため、不具合の起きた時の問合せ先がわからず、わずらわしさを感じていました。

アネスト岩田がご提案した窒素ガス発生装置(窒素発生装置)
窒素ガス発生装置とコンプレッサのメンテナンスが可能なサービス網を提案致しました。メンテナンスのすべてを一元化でき、さまざまな面倒から解放されました。全国約100社あるアネスト岩田のサービス網は万全のサービスをご提供いたします。

装置メーカーM社様事例

 

置くことから組み込むことを考えました

 一般的には
窒素ガス発生装置(窒素発生装置)の設置は、装置の近くに置いて運用することが一般的です。それには、選定含め設置場所の確保が必要です。

お客様が困っていたこと
販売されている装置は窒素ガスの供給が必要でした。最終納入先で準備頂くことが基本ですが、すべてを依頼するケースが増えてきました。選定に対する業務負担が課題でした。 

アネスト岩田がご提案した窒素ガス発生装置窒素発生装置)
機器組込型窒素ガス発生装置をご提案致しました。機器に必要なだけの、高純度の窒素ガスが機器内部で作る事ができました。コンパクト設計なので狭い場所でも,組み込む事ができ選定の手間から解放されました。

ページトップ

ページの先頭へ