1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. よくあるご質問
  4. Q1 COMG(レシプロ)で使用するオイルは?

コンプレッサ よくあるご質問

Q1 COMG(レシプロ)で使用するオイルは?

Q レシプロコンプレッサのオイルが減ったので補充したいが、どのようなオイルを入れれば良いですか?

A. 専用油のコンプレッサオイルを使用してください。
機械を長持ちさせるために、1年に1回の全量交換をお勧めします。

■ レシプロコンプレッサオイルについて
レシプロコンプレッサオイルは、出光興産(株)殿と共同で開発した、高性能のレシプロタイプエアーコンプレッサ用オイルです。
このオイルは、一般のオイルに比べ泡立ち性や乳化性に勝っており、またオイル消費量・カーボン蓄積量・摺動部材/回転部材の摩耗量に対しても優れた性能を示します。

成分 ナローカットナフテンを基油として使用
粘度 ISO VG68
特長 オイル消費低減 ┬ 軽質分の削除
└ 高粘度指数パラフィン基油を最適量添加
 カーボン化対策 ┬ ナローカットナフテン基油を使用
└ 酸化防止剤を厳選
耐摩耗性対策 ─ 摩耗防止剤を添加してアルミシリンダとの相性UP
乳化対策 ─ 界面活性剤の削除

■ レシプロコンプレッサオイル(潤滑油)量について
  本体形式
オイル
CS-150P

LS20C

LS30C

LT50C

LT75E
LT100E
LT150E
LT150UE
全量[L] 0.35 0.24 0.5 0.77 1.7 2.05
レベル間[L] 0.15 0.11 0.2 0.27 0.45 0.55

■ レシプロコンプレッサオイル(潤滑油)消費量目安
  本体形式
レベル間 CS-150P LS20C LS30C LT50C LT50C LT75E LT100E LT150E
LT150UE
出力[kW] 0.75 1.5 2.2(標準圧) 2.2(高圧) 3.7 5.5 7.5 11
消費時間[h] 500~750 365~550 445~665 600~900 360~540 400~600 365~550 245~365
消費日数[日] 50~75 36~55 44~66 60~90 36~54 40~60 36~55 24~36

※消費日数について
実際にコンプレッサが実運転(負荷運転、無負荷運転)されている時間を10時間/日として算出

■ 注意
周囲温度が高いとオイル消費量は多くなります。また運転時間が多くなってピストンリング摩耗が進んでも、オイル消費量は多くなります。ピストンリング摩耗の進み方は粉塵の多い環境では早くなります。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ