1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. コンプレッサ選定ガイド

コンプレッサ コンプレッサ選定ガイド

コンプレッサ選定ガイド

圧縮力から排気までクリーンに、必要に応じて様々な機器をご提供します。

     
     
     
     
     
 

レシプロコンプレッサ
用途:自動車整備、一般機械向け(リーズナブルに圧縮エアを使用したい) シリンダ内部を上下するピストンの作用で、圧縮室の容積を変化させることにより圧縮する方式で、高い吐出圧力も得意としています。音と振動が比較的大きいですが、最も安価な圧縮方式として広く普及しています。当社は給油式とオイルフリーの双方をラインアップしています。
⇒製品ページへ(オイルフリー)
⇒製品ページへ(給油式)


■スクロールコンプレッサ
用途:病院や研究機関(騒音を気にする場所や油分を使いたくない) 回転式の一種で、渦巻形状のラップと呼ばれる壁を180°ずらした状態でかみ合わせ旋回させることで、三日月状の圧縮室の容積を変化させ圧縮する方式。音と振動が非常に小さいことが大きな特長です。当社は世界に先駆けてオイルフリースクロールコンプレッサを発売しています。
⇒製品ページへ


■スクリューコンプレッサ
用途:比較的多くのエアを必要とする工場 オス・メスのネジ形状のロータ(スクリューロータ)を回転させて、ネジ溝にできる容積の変化で圧縮する方式。工場エアとして最も普及している回転給油式の圧縮機の機構で、音と振動も小さく、中形クラスでもっとも効率が高い圧縮方式です。
⇒製品ページへ


■クローコンプレッサ
用途:比較的多くのエアーを必要とする工場(油分を使いたくない) オス・メスの爪形状のロータ(クロー)が互いに接触せずに回転させて、両ロータとハウジングの間にできる容積の変化で圧縮する方式。オイルフリー専用本体で、さらに2段圧縮方式を採用することで非常に高い圧縮効率と耐久性を実現しています。
⇒製品ページへ


■窒素ガス発生装置
用途:食品、包装、樹脂成型、熱処理など様々な業種で窒素ガスを必要 大気中の空気から高純度の窒素ガスを発生させる装置です。窒素ガスを手軽に自給できるので、ボンベの管理などわずらわしい作業から解放されます。当社は環境にやさしいオイルフリーのみを発売しています。
⇒製品ページへ


■ブースタコンプレッサ
用途: 工場ラインでの圧縮空気の増圧や増圧弁の代替、低圧化による部分増圧 工場のラインエアなど、すでに圧縮されたエアをさらに昇圧する圧縮機です。当社は給油式とオイルフリーを発売しています。
⇒製品ページへ(オイルフリー)
導入事例日野自動車株式会社様
(詳細:同社ウェブサイト 「CSR → 環境報告 → 環境活動報告 → 工場におけるCO2排出量の低減事例」)

⇒製品ページへ(給油式)

 

お問い合わせはこちら 



ツースオイルフリー 給油式スクリュー オイルフリースクロール 給油式レシプロ オイルフリーレシプロ 窒素ガス発生装置 ブースターコンプレッサ

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ