1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. レシプロコンプレッサの原理

コンプレッサ 技術講座

レシプロコンプレッサの原理

内側だけにしか開かない弁(吸込み弁)をもった筒(シリンダー)の中をピストンが往復運動すると、筒の中の容積が広がるとき空気が中に入り、この状態で容積を縮めていくと空気は圧縮されます。
ここで吐出口外側だけにしか開かない吐出弁を開けば圧縮空気が得られます。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ