1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. スクロール:オイルフリータイプ
  4. SLPシリーズ 5.5〜30kW

コンプレッサ スクロール:オイルフリータイプ

SLPシリーズ 5.5〜30kW

オイルフリータイプ
  • オイルフリータイプ
  • オイルフリータイプ
  • オイルフリータイプ

クラスゼロの認証を取得!

ドイツの国際的認証機関であるTÜV(テュフ)より"Class 0(ISO8573-1:2010[-:-:0])"の認証を取得。オイルフリーを極めた信頼のブランドとして、油分を嫌うさまざまな用途に、より安心な高品質エアをご提供! スクロールならではの静音、低振動で、快適な作業空間が生まれます。
ThinkAirシリーズ(22kW/30kW)は、社団法人日本産業機械工業会風水力機械部会汎用圧縮機委員会の平成16年度優秀製品として表彰されました。

特長

 

2台~8台の圧縮機及びモータを搭載。使用空気量に合わせて最適な台数で自在に運転するマルチステージ制御を採用。無駄な運転を省き、省エネを実現する <ThinkAir>シリーズ。



タッチパネルにより、稼働状況や定期メンテナンス時間の警告など様々な情報を表示。使用状況に応じた詳細な設定も画面に触れるだけで簡単操作。(22kW/30kW)


インバーターを越える省エネ性能を誇るマルチステージ制御を搭載



省エネ性抜群なマルチステージ制御の運転方法(多段階制御)



消費電力を大幅におさえて大きな省エネ効果

消費空気量に変動がある場合、コンプレッサの制御方式により大きな差が生じます。 <ThinkAir>シリーズは消費電力を極限まで抑え、大きな省エネ効果を実現します。


運転時間を「負荷率換算」し、メンテナンスコストを軽減します

従来のコンプレッサは圧縮していないアンロード時間もカウントしメンテナンスサイクルを決定していましたが、 <ThinkAir>シリーズは、複数台搭載されているそれぞれのユニットの運転・停止状況により、コンプレッサ全体の負荷率を算出し、この負荷率を基準に運転時間の動きを変えるように新設計しました。
これによって、圧縮している時間に応じたメンテナンスを計画することができ、実質メンテナンスコストを軽減することが可能となりました。



スクロールコンプレッサならではの低騒音・低振動

低騒音・低振動ですので、現場内設置も可能。住宅地域や夜間の操業などでも安心してお使いいただけます。騒音規制対応にもお役に立ちます。

リスク回避対応型コンプレッサ

万一の故障時にも搭載されている複数の圧縮機本体がバックアップ運転を開始しますので、圧縮空気の供給が停止しません。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ