1. HOME
  2. コンプレッサ
  3. スクロール:オイルフリータイプ
  4. SLPシリーズ 0.75〜3.7kW
  5. SLPシリーズ 圧縮機本体

コンプレッサ スクロール:オイルフリータイプ

SLPシリーズ 0.75〜3.7kW

   

スクロールの特徴

オイルフリーだからクリーン

エアにも排出ドレンにも油分を含まないから、環境にやさしい

スクロールだからコンパクト

コンプレッサのイメージ゛を一新するスマートなデザイン

オイルフリースクロール圧縮原理

旋回スクロールが、図1→2→3→4と旋回するに従って、固定スクロールと旋回スクロールの間に空気が吸い込まれ中心部へ向かうほど容積が小さくなり、空気は最高圧力状態(0.8or1.0MP)で吐き出し口より押し出されます。

本体と主要部品

旋回・固定スクロール

1回の円運動の中で空気を「吸い込み→圧縮→吐き出し」この3つの作業を同期的・連続的に行うので、ロスを最小限におさえ、振動も最小限におさえることができます。

チップシール

旋回・固定スクロールの間の空気圧縮空間の高い気密性保持と旋回・固定スクロールの接触を回避させ破損を防ぎます。

シロッコファン

高い風力による優れた冷却効果によって圧縮熱による部品の劣化をおさえています。

ページの先頭へ