メインコンテンツに移動

レシプロコンプレッサ

シリンダ内部をピストンが往復することにより、圧縮室の容積を変化させ、
吸い込んだ空気を圧縮する機構となっています。
また、圧縮過程にオイルを使用する給油式と特殊樹脂ピストンにより、
オイルを使用しないオイルフリータイプに分かれます。
ピストン式のシンプル構造でリーズナブルなモデルです。

給油式

定置式

可搬式

オイルフリー

 

可搬式