1. HOME
  2. 塗装/塗布機器
  3. スプレーガン:自動ガン
  4. 【2021年7月1日発売】WIDER2Aシリーズ

塗装/塗布機器 スプレーガン:自動ガン

【2021年7月1日発売】WIDER2Aシリーズ

自動ガン

自動塗装機やレシプロケーター、塗装ロボットなどにセットして使う量産用スプレーガンです。(大形自動ガン)

工業塗装製品において最も大切なこと、
それは「品質と安定性」。
多様化する用途と進化する塗料、我々はこの変化に適応した最適なスプレーガンをこれまで生み出してきました。
WA-101のデビューから14年、WA-200のデビューから23年が経ち、そこで培った経験とノウハウをこの新モデル “WIDER”に注ぎ込みました。
無骨であったデザインから洗練されたデザインに変わり、メンテナンス性が更に向上したモデルへ生まれ変わりました。

WIDER2Aシリーズの特徴

モデルチェンジにより、容易なメンテナンスが可能に

各種ツマミ類にはテーパーを設け溝を深くしているため、より微調整がしやすくなっています。
また、各ニップルには入り口にガイドを設け、ホース接続を容易にサポートします。


【空気キャップセット】


 

●ネジピッチを従来の1mmから1.5mmに変更することで、着脱が容易になりました。
●空気キャップカバーからのエア漏れを極限まで抑える設計にすると共に、
材質も従来より耐溶剤性に優れた材質に変更をおこないました。



 

 
【空気弁シートセット】



従来モデルは特殊工具でしか外すことができませんでしたが、ボックスレンチ14mmで取り外し可能となりました。




【塗料調節装置】



従来モデルはボックスレンチ32mmでの取り外しでしたが、工具なしで取り外し可能となりました。

リニアに反応するパターン調節装置。

従来のパターン調節装置は、1回転で全パターン幅の約45%に達し、1.5回転では約80%、2回転で約100%とほぼ全開となっていました。
新開発のパターン調節装置では、1回転では約35%、1.5回転でも約50%、2回転で約70%と、リニアに反応するように調整し、より直感的に操作しやすくなりました。