1. HOME
  2. 塗布機器:エコノズル
  3. エコノズル

液圧機器 塗布機器:エコノズル

エコノズル

EN-2

エコノズル
  • エコノズル
  • エコノズル

配管工事いらず。 圧縮空気の接続だけで簡単ミスト!

スプレーガンと液剤用チューブ(500mm)、固定用クリップが付属されたセット販売のため、簡単に設置/超微細ミストの吹付が可能です。
◆塗料供給方式:吸上式

こんなお悩みございませんか?

 
お悩み1 場所を取らずに加湿したい
お悩み2 細かい霧で加湿したい

解決1 お手持ちのペットボトルで手軽に加湿できます!
解決2 圧縮空気を使用して霧にするので、超微細ミスト噴射!!

製品特長

 
■アネスト岩田のエコノズルEN-2
●ペットボトルやバケツなどから直接水を吸い上げて噴霧することができます。
●送液用ポンプや高圧ホース、配管設備が不要なので、必要なところに必要な分だけ設置可能です。
●付属のクリップで、お好みの場所に固定できます。また市販のM3ボルトを使用してステーなどに直接固定することも可能です。
●超微細ミストは衝突時弾かれるので、破裂しない=「ほとんど濡れない」のが特長です。
●2流体方式なので、空気圧力の調整により、1流体方式よりもミストが遠くまで届きます。
※水道水を使用する場合、カルキがノズル先端および内部に滞留、堆積する可能性がありますので、定期的な清掃、もしくは純水のご使用を推奨いたします。

エコノズルのミストが濡れにくい仕組み

■一般加湿/冷却ノズル(一流体ノズル)の場合       ■エコノズル(二流体ノズル)の場合

            

エコノズルの平均粒子径は12μmという超微細ミストです(当社条件:吹付空気圧力0.3MPa時、噴霧距離200mm時、清水)。
超微細ミストは物体との接触時に破裂せず弾かれるので、人はもちろん、機械や床もほとんど濡れません。

使用事例

■事例1:エアコンの室外機の冷却に。         ■事例2:ペットボトルの取付け例

    

用途例

 ■加湿
温室内の湿度管理
事務所内の湿度管理(インフルエンザ対策)
湿気硬化型ホットメルト塗布工程での湿度管理(硬化時間管理) 

■冷却
工場内の温度管理
畜舎内の温度管理
公共施設やイベント会場での冷却 

■静電気防止
印刷工場での静電気防止
ビニールやウレタンフォーム製品製造工程での静電気防止

■防塵
廃棄物処理場での防塵
塗装工程での防塵

他にも様々な用途に使用可能

接続方法

 
※水吸上用液剤チューブが付属されています(φ6×φ4、長さ500mm)。
※吸上げ高さ上限500mmで設計されています。500mm以上でご使用になる場合は、お客様にて吸上用チューブのご用意と水の吸上げ可否をご確認ください。
※エアチューブは付属されておりませんので、お客様にてご用意ください。必要チューブ径φ6×φ4。
※ポンプを使用しての水の圧送供給はできません。
※圧縮空気が供給されると自動的に水を吸い上げ、噴霧します。噴霧を止めるには、コンプレッサを停止するか、必要に応じてバルブを取り付けてください。
※0.2kw以上のエアコンプレッサをご用意ください。複数台同時に使用する場合は、台数分の空気使用量の合計にあわせてコンプレッサをご用意ください。

■一台あたりの使用空気量
吹付空気圧力 0.1PMa 0.2MPa 0.3MPa
空気使用量 6L/min 11L/min 17L/min

噴出量と霧の大きさの調整方法

■噴霧量を多くしたい。
●吹付空気圧力を高くする、もしくはノズルの設置高さを低くする。
※噴霧量を多くすると霧が粗くなります。
■噴霧量を少なくしたい。
●吹付空気圧力を低くする、もしくはノズルの設置高さを高くする。
※噴霧量を少なくすると霧が細かくなります。
■霧を粗くしたい。
●吹付空気圧力を低くする、もしくはノズルの設置高さを低くする。
■霧を細かくしたい。
●吹付空気圧力を高くする、もしくはノズルの設置高さを高くする。

※噴霧量や霧の大きさの調節装置は内蔵されておりません。
※市販のチューブクランプを液剤チューブに取り付けることにより、噴霧量の調節が可能です。

吹付け空気圧力と霧の大きさ(参考値)

 

ページの先頭へ